海外の反応

海外の反応-北海道旅行の完璧な計画2019年版Part.2

7日目 – 摩周湖と摩周岳

北海道でも屈指のハイキングコース、摩周岳の登頂には4~6時間ほどかかります。頂上はとても寒いので、たくさんの水と暖かい服が必要です。滑りやすいので良い登山靴が必要です。難関はありませんが頂上手前の400mは非常に狭く急なので気を付けてください。トラックは滑りやすいので、良い靴が必要です。特に難しい道ではありませんが、最後の400mは非常に狭く急なので、気をつけてください。

ホテルでは、素晴らしい朝食が提供されました。生卵を小さなボールに入れてかき混ぜ、温かいご飯の上にかけて醤油で食べるスタイルです。これが美味い。

食事をした場所:前日と一緒

宿泊した場所: 前日と一緒

8日目 – 硫黄山、屈斜路湖、阿寒

イオ山周辺の風景は絶景に違いありませんが、漂ってくる匂いは心地良いものではありません。硫黄臭で満ちています。ここから屈斜路湖までは車ですぐです。阿寒湖は屈斜路湖から約50㎞離れていて、他の2つの湖よりも観光向けに開発が進んでいます。屈斜路湖から阿寒湖間のドライブは特に最高で、自分たち的には阿寒湖自体の観光よりも面白い体験です。阿寒湖は小さなフットスパカフェがあります。長い一日の旅のシメにはもってこいです。

食事をした場所:前日と一緒

宿泊した場所: 前日と一緒

9日目 – 阿寒国立公園から釧路湿原を経由して新千歳へ

間違いなく長いドライブになります。我々はAM10時に出発して、必見の観光地である美幌峠にまっすぐ向かいました。おそらく私たちが北海道で見れた最高の景色の一つです。その後、我々は釧路湿原に運転に向かいました。道すがら特にやることはありません。長いドライブです。休憩しながら途中の素晴らしい景色を眺めてください。空腹になった我々は2時間も走ればサービスエリアで昼ごはんにありつけるだろうと考え、道東自動車道に飛び乗りました。しかしこれが大きな間違いでした。サービスエリアを見つけたのは16時半を回ったころになりました。支笏湖周辺には手頃な価格の宿泊施設が無かったので、結局新千歳に宿泊することにしました。

食事をした場所:ホテル周辺には素晴らしい飲食店が点在しています。居酒屋やバーベキュー(焼肉)レストラン。

宿泊した場所: Khaosan Family Hostel

10日目 – 積丹半島

ガイドブックやJapanGuid.comには載っていませんが、札幌から1時間半の半島は未発見の宝石です。「小樽でやるべきこと」をググったところ、トリップアドバイザーのスレッドからこの積丹半島を見つけました。私たちが日本でドライブした中でもトップクラスの魅力的な沿岸地帯で、人も数人しかいませんでした。積丹半島から千歳まで小樽の小さくも美しい町を抜けます。夜には小樽運河周辺の建物の明かりがともり夜景の楽しめる散策に絶好の場所となります。居酒屋が密集している小さな路地も要チェックです。

食事をする場所:小樽運河周辺の路地では、色んな種類のおいしい食事が楽しめます。

宿泊した場所: 前日と一緒

11日目 -登別温泉と洞爺湖

登別温泉は恐らく日本で最も有名な温泉地であり、当然観光客にも人気があります。実際に北海道滞在中で最も人で溢れていた場所でしたが、絶対にお勧めします。地獄谷周辺や大湯沼や大湯沼フットスパまでの散策道はたくさんあります。札幌や新千歳からのアクセスがとても簡単です。

食事をした場所:登別温泉での食事は高くつきますが、町のすぐ外には沢山の安いレストランがあります。

宿泊した場所: 前日と一緒

12日目 – 北海道旅行の相棒(レンタカー)にさよならを言って広島へ

北海道南部が激しい吹雪に見舞われたため、出発の日を決めました。我々は支笏湖観光を計画していましたが、ひどい天候でした。ものすごい強風で木々が吹き飛ばされ、雪や氷で覆われていた道路を遮ぎっていました。

北海道一周旅行は一生に一度の経験です。本当に素晴らしい自然の美しさ、文化そしておもてなしの場所であり、どんな旅行者にとっても欠かせません。唯一の後悔は私たちの写真が本当にそれがどれほど美しいものなのかを伝えるきることができないということです。

にほんブログ村 ニュースブログ ニュース 海外の反応へ
にほんブログ村

Part.1へ