海外の反応

海外の反応-北海道旅行の完璧な計画2019年版Part.1

47都道府県の旅行ブログを探して意訳してみる第1弾です。美しい写真は引用先でどうぞ。

https://www.nomadasaurus.com/hokkaido-itinerary/

私たちは12日間の北海道旅行で最高の場所をいくつも訪れました。他の皆にも同じ体験をしてほしいです!間違えてはいけないことは、北海道のデカさです。あまりにも大きい。遠距離を移動し、風景は荒々しく手付かずで、天候は一瞬の間に一変します。それが北海道旅行の計画を困難にすることもあります。

北海道を旅する

北海道を探検する最善の方法は車をレンタルすることです。北海道にはJRパスがありますが、メジャーな国立公園へのサービスは限られています。それでもそこへ訪れるならばバスかタクシーを利用する必要があるでしょう。私たちが見た最も素晴らしい景色のいくつかは、ドライブ中のことでした。レンタカーはあなたの経験を無限に楽しく、そして便利なものにするでしょう。

北海道を訪れる時期

北海道には非常に異なる4つの季節があり、それぞれに長所があります。春は花が咲き夏は晴天をもたらし、秋には紅葉が広がり、冬は数フィートに積もった雪景色。私たちは秋の北海道に訪問しました。その季節は私たちに美しい色とガラガラの観光地を与えてくれました。北海道の秋は寒い気温と時折降る雨を旅行者にもたらす季節と言われています。訪れる人の興味に合わせて異なる季節に旅行を計画するのもいいかもしれません。

1日目 – 札幌

私たちはレンタカーで札幌に向かいました。荷物に服をたくさん持っていないのであれば、寒い季節の服を選ぶのにいい機会です。夏であっても知床と阿寒の屋外は本当に寒い場合があります。私たちは余分に暖をとれる服を持ってきていました。そしてその選択は間違いなく価値のある投資でした。札幌はさまように値する素敵な街です。時計台や大通りの公園、植物園は時間を潰すのに最適な手段です。夕方になると私たちは藻岩山の頂上まで美しい夜景を見に行きました。食べ物は素晴らしいです。北海道は日本でも最高の刺身が提供されます。

食事をした場所:ラーメン横丁と刺身を食べた居酒屋

宿泊した場所:札幌のAirBnBに泊まりましたが駐車場がありませんでした。北海道に滞在する場所は、駐車場の有無を確認ることが重要です。

2日目 – 札幌から旭川へ

北海道自動車道が使えます。富良野までの道のりを高速道路によって数時間節約できます。高速道を降りた後は、富良野までずっと美しい景色です。幻想的な景色が見られるファーム冨田は要チェックです。そこではラベンダーアイスを含むすべてのラベンダー関連の商品を販売しています。ラベンダーアイスは美味しくなさそうに聞こえますが、日本にあるほとんど全てのものと同じように美味しかったです。ここからルート237を通り田園地帯を抜けると美瑛町に着きます。美瑛町には日本のポストカードでよく見る有名な青い湖があります。私たちはこの湖に行かない代わりに夕焼けを見るために旭岳ロープウェイの駅に向かいました。しかし、標高800m前後で私達は突然吹雪に見舞われました。僅かな時間で道路は滑りやすくなり、車のワイパーは雪の重さで悲鳴をあげました。当然のことながら、私たちは計画を断念し、その夜、旭川に向かったのです。

食事をした場所:ファーム富田は軽食するのに良い選択です。ホテルから車ですぐのところにあった居酒屋も素晴らしい。

宿泊した場所:トレンドホテル旭川 – すてきなホテルですが、もっと安い選択肢もあるかもしれません。私たちはその日の夜遅くに予約しました。

3日目 – 旭川からウトロへ(知床国立公園への入口)

もともと大雪山国立公園を散策して翌日に知床にドライブする予定だったのですが、雨のため計画に支障が出ました。旭川からE39号線を利用しましたが、大雪山国立公園の北端を一周する地域では前日のことを忘れてしまうでしょう。これは長いドライブです。休憩時間も含めて4~5時間かかりました。ウトロは知床国立公園の端にある小さな村です。ほとんどのレストランは20時までしか営業していません。

ちなみに、ウトロからすぐ南の町はシャリです。ここは宿泊費が少し安く済みますが、知床国立公園までウトロからは15分ですが、シャリからは1時間かかります。

食事をした場所:選択肢はかなり限られていますが、素晴らしいラーメンを提供するレストランとホテルから徒歩約10分の素敵な居酒屋があります。ホテルのスタッフが私たちにこれらの場所を勧めました。

宿泊した場所: イルカホテル – フレンドリーなスタッフがいておいしい朝食が付いた素晴らしいゲストハウス

4日目 – 知床国立公園

知床五湖を見に行きました。長い散歩は素晴らしい時間となります。そして、あなたはクマを避ける方法についてかなりおもしろい安全ビデオを座して学ぶことになります。ビデオから学べる主なことは、クマがあなたを攻撃してきた場合あなたができることは何もないということです。なので、クマに遭遇するのを避けるのが最善の方法です。私たちはそれからフレペ滝を見に行き、無料のフットバスを楽しみました。知床について注意すべきことは、天気が非常に移り変わりやすいという事です。

食事をした場所:前日と一緒

宿泊した場所:前日と一緒

5日目 – 知床国立公園

羅臼半島の東側でこの日を過ごしました。そこに行く為に知床峠の道を通ってください。あなたがその地域へ行くのであればこれは必須です。海岸の素晴らしい景色を眺めることができるし、運が良ければ羅臼岳の頂上を見ることができます。羅臼に着いたら海岸線に沿って続いているビーチのフットスパをチェックしてください。オホーツク海の波が砕けるのを眺めながらあなたの足を温泉にぶら下げるというシュールな経験ができます。

食べた場所:羅臼の刺身。海岸の真ん中から南にある小さな小さなレストランで、私たちは素晴らしい食事にありつけました。

宿泊した場所:前日と一緒

6日目 – 知床国立公園から阿寒国立公園

私たちは網走に向かってオホーツク海に沿って走り、壮観な海岸の景色を眺めることができました。網走には、北海道の歴史について学ぶことができるとても興味深い刑務所博物館があります。

ここからは阿寒国立公園の弟子屈町近くの温泉ホテルに向かいました。屈斜路湖の素晴らしい景色が見れる峠を通って向かいました。最高の景色を眺めるには、夕方の時間帯を狙ってください。

この地域では多くの宿泊施設で朝食と夕食を提供しています。ここは知床と同じで、レストランは早めに閉まるので、あまり遅い時間にならないように気を付けましょう。

ホテルの客室にはシャワーやバスはありません。ホテルの温泉を利用します。シャワーの温度調節は非常に繊細なので丁度よい温度でお湯を出すには練習が必要です。

食事をした場所:最寄りの弟子屈町で、2軒のレストランと多数のコンビニエンスストアがあります。選択肢はラーメンか天ぷらです。両方とも素晴らしく美味しいです。

宿泊した場所: ホテルパークウェイ

にほんブログ村 ニュースブログ ニュース 海外の反応へ
にほんブログ村

Part.2に続く